のりを使った韓国料理の作り方

のりを使った韓国料理の作り方 韓国料理の中で、おつまみにもなり、料理の彩り・風味などまでをプラスしてくれるのが韓国のりです。作り方も非常に簡単で、のりの裏表にハケでごま油を塗って塩を軽くふりかけておき、フライパンを熱してのりの両面をパリパリになるまで焼き上げると韓国のりに簡単に仕上がります。この韓国のりを使った韓国料理の1つが韓国式ののり巻きであるキンパプです。家庭料理として親しまれているお料理で、色とりどりの具材と酢飯ではなく塩味のご飯がキンパプの特徴で、白ゴマと塩でご飯に味を付けて冷ましておきます。合わせる具材には、茹でた人参・ほうれん草などの野菜があり、塩・醤油で味付けしておきます。牛ひき肉は醤油・酒・みりん・砂糖で炒め煮にしておきます。その他、カニカマ・薄焼き玉子・汁気を切ったキムチなどの具材を好みで用意します。

具材は韓国料理店や家庭で様々にアレンジされていて、ナムルを使うと手軽に具材の味付けができる魅力があります。マキスに韓国のりを置いてご飯をのせ、具材を彩り良くのせてから、手前からキツめに巻きます。カットする際、時間がある場合には冷蔵庫で休ませてから切りますが、すぐにカットする場合には包丁にごま油をつけて切るとカットしやすく、香りもプラスできます。

Copyright (C)2014のりを使った韓国料理の作り方.All rights reserved.